国家首脳ほか世界的指導者が地球規模の課題解決を訴え


第5回 希望前進大会 オンラインで150ヵ国約200万人が参加

UPFなどが主催する「第5回希望前進大会」が228日、オンライン形式で開催され、約150カ国から事前に参加登録した約200万人を含め数百万人が視聴しました。「共生・共栄・共義に基づいた平和のためのパートナーシップ」というテーマのもと、新型コロナパンデミック、人種差別、貧困、不平等などのグローバルな主要課題に焦点が当てられました。

大会には、西アフリカの島国カーボベルデのジョルジェ・フォンセカ大統領、南米北東部ガイアナのマーク・フィリップス首相などの現役首脳をはじめ、マイク・ペンス米元副大統領、国連世界食糧計画(WFP)のデイビッド・ビーズリー事務局長など、世界的な指導者が多数参加しました。

基調講演を行ったUPF共同創設者の韓鶴子総裁は、今日の世界的な諸課題を克服するために、これまでにも増して人々の連帯と結束が重要であると強調しました。

マイク・ペンス米元副大統領(=写真下)は、「分断された朝鮮半島の平和的な統一は、より安定した太平洋地域の実現に間違いなく寄与するものであり、その目標は達成可能だ」と述べました。ペンス氏はその前提として、自由、平和、繁栄というビジョンは、米国と韓国の国民が70年近くにわたり共有してきたものであり、両国がこうした普遍的な価値で強く結ばれていると強調しました。