朝鮮半島の平和的統一願い宗教者が集結

世界194カ国・100万人をオンラインで結ぶ

UPFなどが主催する「朝鮮半島の平和のための祈りの集い」が12月5日、韓国の清心平和ワールドセンターなどをメイン会場に、世界各国をオンラインで結んで開催されました。第二次世界大戦後、分断されたままの朝鮮半島に平和的統一を実現するために、トランプ前米国大統領のスピリチュアル・アドバイザーを務めたポーラ・ホワイト牧師(=上の写真右)をはじめとする宗教指導者が集い、癒しと再生をもたらす祈りの集いとして企画されました。世界194カ国から100万人以上が視聴参加しました。

司会を務めた尹鍈鎬(ユン・ヨンホ)世界本部長は、UPFの文鮮明・韓鶴子総裁が電撃的な訪朝を果たし、金日成主席(当時)と会談(1991年12月6日)して今年で30周年になることを紹介。以後、UPFを中心に南北の平和的統一を実現するため、広範な活動に取り組んできたことに触れました。また、「南北の分断状況は人間中心の思想に基づいているためであり、解決への方策は神中心のアプローチを適用することである」との韓総裁(=上の写真中央)のメッセージを紹介し、この日参加した宗教指導者の役割を強調しました。

続いて、諸宗教間の調和と平和への祈りを込めて「合水」の儀式(=写真左)が行われ、異なる宗教・宗派の指導者による祈りが行われました。会場の壇上では42人の宗教者が参加し、厳かな儀式となりました。

歓迎のあいさつを行ったホワイト師は、ギリシャ語で「回復」を意味する「アポカタスタシス」という言葉を説明し、神の働きを表現しました。「私は、神がご自身の民を本来の意図に合わせて回復させ、再構成していると信じています」と述べたホワイト師はまた、今の時代を、ヨシュアが民衆を率いてエリコの城壁を囲むように行進した時に例えて、「宗教指導者たちが一致団結すれば、その祈りは大きな叫びとなって天に届き、私たちを分断する人工の壁は取り払われるでしょう」と訴えかけました。

朝鮮半島平和実現の鍵握る日韓トンネル

経済連携による平和実現テーマに第3回シンクタンク2022フォーラム

韓国と北朝鮮による朝鮮半島平和統一の可能性と、北東アジアと世界平和への方策を議論する「シンクタンク2022フォーラム」が11月20日、日本と韓国、米国をオンラインで結んで開催されました。

3回目となる今回は、各国の経済人が参加し、北朝鮮との経済交流や、UPFが積極的に建設推進運動を展開している日韓トンネル実現の可能性について広範な議論が行われました。

基調講演者として招かれた世界的投資家のジム・ロジャーズ氏(ロジャーズ・ホールディングス会長)(=写真下)は、自身が世界各国を回って国際情勢や現地の人々の生活をじかに見聞きした体験を紹介しながら、中でも朝鮮半島が世界の注目を集める最重要地域であると指摘。

その上で、ロジャーズ氏は、早くから日韓トンネル、南北を結ぶ鉄道構想をはじめ、世界平和実現の基礎となる国際ハイウェイ構想の実現に取り組んできた文鮮明・韓鶴子総裁夫妻の先見性を高く評価。特に、自身で佐賀県にある日韓トンネルの調査斜坑を見学した体験を紹介しながら、そのスケールの大きさと可能性に「感動した」と述べました。また、日韓、南北を結ぶインフラが整備されることで地域に大きな経済圏が生まれるだけでなく、政治的、社会的な課題解決へと向かう驚くべき変化がもたらされるだろうと強調しました。

ロジャーズ氏の講演を受けて、キム・ヨンチョル元統一部長官がコメントしました。キム氏は、今日の欧州連合(EU)の起源となる欧州共同体(EC)が、欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)、欧州経済共同体(EEC)など国境を越えた経済連携からスタートした歴史を振り返りました。

そして、世界のサプライチェーンが混乱するなか、「北朝鮮には資源が、韓国には資本と技術がある。南北間の協力は世界的な供給難解消に代わるものになるだろう」との考えを示した上で、南北の経済連携強化が地域の平和と安定にもたらす影響を強調。「平和は与えられるのではなく作るもの」と述べてコメントを結びました。

フォーラムには、日本、米国、韓国からも専門家がパネリストとして参加し、ロジャーズ氏との質疑応答を行いました。UPF-Japanの梶栗正義議長をはじめ日本からは3人のパネリストが参加。そのうち、九州地方選出の元国会議員はロジャーズ氏に対し「あなたがセールスマンなら、この日韓トンネルをどのように売り込むか」と質問。ロジャーズ氏は日韓トンネルの経済性について言及し、「トンネルが開通し南北非武装地帯(DMZ)が開放されれば、東京からロンドンまで車で移動できるようになる」とし、「物流にかかる時間と費用の減少はもちろん、観光客を引き寄せ、朝鮮半島が北東アジアのハブとして位置づけられるだろう」と展望しました。

パネリストの討議に続き、特別プログラムとして、UPFインターナショナルのトーマス・ウォルシュ議長が、UPFが進める専門家ネットワークの一つでIAED(国際平和経済開発協会)の趣旨について説明。ウォルシュ議長は、朝鮮半島の平和と繁栄をもたらし、南北両国が統一に向かうプロセスにおいて、IAEDが果たす役割の重要性に言及するとともに、今後のプロジェクトの推進に向け、創設者である韓鶴子総裁が500億ウォン(約50億円)を支援する意向であることを明らかにしました。

ワシントン・タイムズのトーマス・マクデビット会長はシンクタンク2022の趣旨に沿って提起された、朝鮮半島の平和的統一を支持する「新統一韓国支持決議文」の採択を提起。これを受け、決議文はフォーラムに参加したロジャース氏をはじめ、日米韓の財界リーダー、IAED関係者が見守るなかで承認されました。

世界の専門家2000人以上が集う「シンクタンク2022」が発足〜 第6回希望前進大会 〜

UPFなどが主催する「第6回希望前進大会」が5月9日、オンラインで開催され、著名な指導者や専門家など100万人以上が参加しました。今大会では、朝鮮半島の平和的統一を目指す専門家のプロジェクト「シンクタンク2022」の発足が発表されました。

大会は、韓国を拠点に世界194カ国でライブ中継され、14カ国の言語を介して進行されました。シンクタンク2022は、政治、経済、学術、宗教、メディア、芸術や文化など、幅広い分野の2000人以上の専門家による世界的なマルチセクター国際的なネットワークで、朝鮮半島問題を含む世界の最重要課題に対する共同研究に取り組んでいきます。

大会では、世界的に著名な各界指導者12人が基調講演を行い、シンクタンク2022の発足を祝うとともに、その意義に賛同の意思を明らかにしました。

潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長は、「シンクタンク2022のグローバルなネットワークは国際的な結束を強化するとともに、朝鮮半島の平和に良い変化をもたらすだろう」と強調。「私はUPF、そしてシンクタンク2022のリーダーである韓鶴子UPF総裁を称賛する」と述べました。

マイク・ペンス元米国副大統領は、「信仰、家族、民主主義、法の下の正義」の価値観を大切にする世界のリーダーが一同に会した本大会の意義を強調。その上で、「平和の種をまき続けることで、それがやがて韓国、米国、そして全人類に利益をもたらす平和の収穫の時を迎えることができると信じる皆様は称賛に値する」と述べました。

現在の北朝鮮に生まれた韓鶴子総裁と故文鮮明総裁は、朝鮮戦争中に韓国に逃れ、以後、平和世界の実現と韓国の再統一に生涯を捧げてきました。

ISCP(世界平和頂上連合)、IAPP(世界平和議員連合)などUPFの7つの世界的なネットワークと連携した「専門家のワーキンググループ」を形成するシンクタンク2022は、朝鮮半島非武装地帯(DMZ)上の国連平和公園設置、日韓海底トンネルの建設、金剛山観光の活性化などのプロジェクトを主導します。シンクタンク2022はUPFの国際指導者会議(ILC)や実態調査、韓国で今年開催予定のワールドサミットなどに連結されます。

マイク・ポンペオ元米国務長官は、「平和的に統一され、非核化された朝鮮半島は、地域に大きな平和と繁栄をもたらすだろう」とし、「宗教の自由はすべての自由の基礎となるものだ。祈り、信仰、主への献身があれば、平和は続くだろう」と述べました。

このほか、丁世均(チョン・セギュン)前韓国首相フン・セン・カンボジア首相韓国国内の5地域の国会議員や道知事ら10人が祝辞を述べ、「国際的な協力と連帯がかつてないほど必要とされている現在、シンクタンク2022の発足は時宜を得たものだ」と、賛意を示しました。

フセイン・アリ・ムウィニ・ザンジバル大統領は、アフリカ人が朝鮮戦争に参加した歴史を振り返り、アフリカ人とっても朝鮮半島の平和と民主主義は遠い地域のことではないと述べました。

また、米国の著名投資家であるジム・ロジャース氏は、朝鮮半島が平和的に統一されれば「爆発的な成長」がもたらされると強調。「列車が非武装地帯を通過し、車が高速道路を走れば、経済発展の機会は無限に広がるだろう。南北だけでなく、中国、ロシア、日本、アジア、そして全世界に利益をもたらす」と述べました。

2020年にノーベル平和賞を受賞した世界最大の人道支援組織である国連世界食糧計画(WFP)のデビッド・ビーズリー事務局長は、「この集会は大陸を越えて、世界中の人々を平和、相互繁栄、公共サービスの精神で結びつけている」と述べました。

ニュート・ギングリッチ元米下院議長は、政府間の外交努力が失敗に終わってきたのは、「官僚主義、偏見、恐怖心」から抜け出すことができなかったからだと指摘し、シンクタンク2022は複数の国の人々が「従来の形式的な構造を超えて協力するという新しい方法を提供するものだ」と述べました。

マーク・エスパー前米国防長官は、レーガン元大統領が唱えた「力による外交」戦略を引き合いに、「ピンチは最大のチャンスになる時がある」と述べ、「強力で準備が整った軍隊、同盟とパートナーシップのネットワークに組み込まれた軍隊は、現在我々が直面している大国間競争の新時代において、極めて重要になるだろう」と述べました。

このほかにも、

バージニア州トーマス・ロード・バプティスト教会のジョナサン・ファルウェル牧師

コソボのビョサ・オスマニ大統領

エルサルバドルのフェリックス・ウロア副大統領

アストラゼネカ社製の新型コロナワクチンの開発に関わったウイルス学者、サラ・ギルバート・オックスフォード大学教授

欧州委員会のジョゼ・マヌエル・バローゾ元委員長

ナイジェリアのオルセグン・オバサンジョ元大統領

などが登壇し、大会にメッセージを送りました。

大会の最後に、韓総裁(=写真下)と各国リーダーが「シンクタンク 2022」の正式発足を謳う決議文に署名しました。

国家首脳ほか世界的指導者が地球規模の課題解決を訴え

第5回 希望前進大会 オンラインで150ヵ国約200万人が参加

UPFなどが主催する「第5回希望前進大会」が228日、オンライン形式で開催され、約150カ国から事前に参加登録した約200万人を含め数百万人が視聴しました。「共生・共栄・共義に基づいた平和のためのパートナーシップ」というテーマのもと、新型コロナパンデミック、人種差別、貧困、不平等などのグローバルな主要課題に焦点が当てられました。

大会には、西アフリカの島国カーボベルデのジョルジェ・フォンセカ大統領、南米北東部ガイアナのマーク・フィリップス首相などの現役首脳をはじめ、マイク・ペンス米元副大統領、国連世界食糧計画(WFP)のデイビッド・ビーズリー事務局長など、世界的な指導者が多数参加しました。

基調講演を行ったUPF共同創設者の韓鶴子総裁は、今日の世界的な諸課題を克服するために、これまでにも増して人々の連帯と結束が重要であると強調しました。

マイク・ペンス米元副大統領(=写真下)は、「分断された朝鮮半島の平和的な統一は、より安定した太平洋地域の実現に間違いなく寄与するものであり、その目標は達成可能だ」と述べました。ペンス氏はその前提として、自由、平和、繁栄というビジョンは、米国と韓国の国民が70年近くにわたり共有してきたものであり、両国がこうした普遍的な価値で強く結ばれていると強調しました。

「HJ Peace Loving Festival KANAGAWA 1万名大会」 が 韓 鶴子 総裁をお迎えして、盛大に開催されました!

10月15日、「幸せな家庭、躍動する日本、希望の世界へ」のスローガンのもと、千葉・幕張メッセ国際展示場で「HJ Peace Loving Festival KANAGAWA」が盛大に開催されました。大使館関係者や宗教指導者、国会・地方議員らVIP約120人をはじめ、神奈川県から中高生・青年2500人、新規・再復帰のゲスト3000人を含む1万人以上が参加。

韓 鶴子 総裁(真のお母様)は、母の国、日本の使命について触れ、「皆様が願う平和、幸福というのは、与えれば与えるほど広がり、大きくなるのです」と語られました。

伊勢原家庭教会からも、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、子供たち、孫たち、ひ孫たちと、多くのご家族が親子4代、3代と、共にご参加され、又、多くの青年たちがエンターティメント、大会スタッフと、ご活躍されました。

今後、伊勢原家庭教会において、来年2月に大きなファミリーイベント大会を企画、予定しております。ぜひ、多くのみなさまのご参加を心よりお待ちしております。

乞うご期待下さい。